課題解決のための共同研究

自治体と大学で協議した地域課題は時として大学における研究テーマになります。地域,大学における共同研究です。これは,従来からある企業ー大学間の産学連携と同様です。今までは,自治体が単独の大学と取り組んできたものも,チームを組んで取り組むようになります。

東松山市・まちなかリノベーションプロジェクト 

全国的な課題となっている中心市街地の空洞化に対して、若者の活力により賑わいを創出し活性化を図ることを目的として、大東文化大学、立正大学,東京電機大学,山村学園短期大学及び武蔵丘短期大学との連携による「まちなかリノベーションプロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトは大学生のアイデアや視点を活かし空き店舗を活用した事業提案を検討するものです。

地域住民の暮らしを支える専門職連携教育の質保証に関する研究-IPW実習の客観的 評価に関する研究

埼玉医科大学、城西大学、日本工業大学および埼玉県立大学が連携して取り組む共同研究です。特に国内外でも先進的な建築系の学生が保健医療福祉系の専門職を目指す学生と一緒に学ぶIPW実習による学修効果を明らかにすることと、さらなる教育プログラムの質保証のための評価方法を開発することを目指しており、地域に必要とされる連携力を保持した学部教育による人材育成にとって有意義な研究です。

女性の飲酒と健康についての共同研究

東京家政大学と駿河台大学が入間市,飯能市と共同して進める研究です。女性の週3日以上の習慣飲酒者が増加していることを受け,状況や背景を明らかにし,健康の保持増進のための対策を検討するものです。