教育課題分析(共同IR分析)

共同IR分析

1.2019年度調査

昨今の教育改革の主軸は,学生を主体とした教育方法の改善になってきている。特色のある教育としては,アクティブ・ラーニング, PBL科目,e-ラーニング,インターンシップ科目,反転授業,リカレント教育などが挙げられる。教育現場においては,「全てが全ての分野に適合する訳ではない」,「教員の養成(研修)の問題がある」などの意見があるものの,私立大学としては各大学の建学の精神および教育の理念のもとに改善に取り組んでいる。
本年の共同IRとして,各大学の取り組みの現状を把握し,TJUPとして教育改善の後援に資するものを提言できないかを検討することとした。

2019年度調査結果(pdf版をダウンロード

2.2018年度調査

埼玉東上地域大学教育プラットフォーム(TJUP)では,地元で生まれ育った人が,義元で学び地元で活躍できる地域づくりに貢献することを目的に活動を行っている。地域人口分布から,高校卒業後に埼玉県を離れる若者が多いことが分析結果として得られたが,実際の大学においての現状はどのようになっているかを検証する必要がある。その結果を踏まえて,地域への人口定着に何が必要であるのかを検討する必要がある。そこで,まずアウトラインを把握するために簡単なIR調査をTJUP参加大学にお願いし,集計することとした。

2018年度調査結果(pdf版をダウンロード