2018年度活動目標

2018年度活動数値目標

プラットフォームの形成

プラットフォームの形成は,9月末までを一つの区切りとして行いました。TJUP 協議会の設置と規約等の 整備を,2019 年4月を目途に進めます。それに伴って,中長期計画の策定を,2019年8月を目途に進めていきます。

  • 連携大学の決定・地域の決定
  • 事業内容の検討
  • 組織体制の整備(協議会の設置)

中長期計画策定までのロードマップ

  • 〜2019 年4月 TJUP 協議会則策定の自治体−TJUP 大学間協議
  • 2019 年4月〜8月 TJUP 中長期計画策定協議

埼玉東上地域教育プラットフォーム ロードマップ

  1. 基盤取組:2018 年度にTJUP全体として目標とする事項
    • 特定・準特定地域との協定推進 (〜50%)
    • 教育地域連携懇談会に関する市民フォーラムの開催 (〜1回)
    • プラットフォーム大学入試説明会 (〜1回)
    • e-ラーニング研究会の設置および検討 (〜1回)
  2. 基盤取組:従来の取り組みを追認等により継続する事項
    • 公開講座
    • 単位互換制度
    • 地域リスクマネージメント懇談会
    • 共同研究・知財活用
    • 教育・研究施設共同利用
    • 人事交流制度
  3. 多様な高等教育の提供
    (自治体、企業等との連携を含めた教育プログラムの開発)

    IPE・IPW プログラムの発展的展開(WG1)

    • 対象分野における連携教育の必要性の検証(1回)
    • WG参加校の増加 (〜1校)
  4. 履修証明型市民・町民大学の提供(WG2)

    • 各校での履修証明プログラムの設置(〜1つ)
    • 自治体連携の詳細協議・検討 (〜1回)
  5. 地域連携の推進
    生活しやすい地域づくりの推進(生活支援検討)(WG3)

    • 地域イベントへの教職員・学生派遣(〜100名)
    • 健康増進事業の実施(〜1事業)
  6. 地域企業と自治体との協議および活性化の施策
    地域産業の活性化(WG4)

    • 地域産業活性化に係る自治体等との連携協定(〜1自治体)
    • 地域産業活性化に係る企業等との連携協定(〜2団体)
  7. 埼玉東上地域教育プラットフォーム ロードマップ

    埼玉東上地域教育プラットフォーム ロードマップ を示します。ロードマップは,2018 年 度における中長期計画の策定のためであって,今後,PDCA サイクルの中で更新していきます。