埼玉東上地域
大学教育プラットフォーム

埼玉東上地域
大学教育プラットフォーム

教育・研究施設・設備の共同利用

施設・設備の共同利用

TJUPでは,会員校間,会員校ー企業間,会員校ー自治体間で施設・設備の共同利用を進めています。お互いの持つリソースを共同利用することで経済的な負担を軽減できるばかりでなく,共同研究の促進や新しい教育の発展にもつながります。

WG1で検討するIPE/IPWの教育手法は場所や機材といったリソースだけでなく,教育手法を共有するといった側面を持っています。
SAIPEの取り組みとして成功を納めた手法を,他の分野での教育に利用することも求められています。

2019年度実績

      • 人工衛星地上局システム(3.0m パラボラアンテナ)
        設置費用 : 約1億2,000万円
        所有機関  : 東京電機大学 理工学部
        共同利用期間: 2018年8月1日〜
        共同利用機関: 立正大学
                一財)リモート・センシング技術センター
      • 三次元動作解析システム
        設置費用 : 約2,000万円
        所有機関  : 東京家政大学
        共同利用期間: 2019年9月1日〜
        共同利用機関: 駿河台大学
      • 低酸素環境装置及び大型トレッドミル
        設置費用 : 約9,500万円
        所有機関  : 駿河台大学
        共同利用期間: 2019年9月1日〜
        共同利用機関: 東京家政大学
      • ハイパースペクトラルカメラ
        設置費用 : 約800万円
        所有機関  : 立正大学
        共同利用期間: 2019年8月1日〜
        共同利用機関: 東京電機大学
      • プール
        設置費用 : 約5,000万円
        所有機関  : 武蔵丘短期大学
        共同利用期間: 平成30年8月1日〜
        共同利用機関: 山村学園短期大学
      • サッカーグラウンド 
        設置費用 : 約1億8,800万円
        所有機関  : 十文字学園女子大学
        共同利用期間: 2019年9月20日〜
        共同利用機関: 大東文化大学
      • サッカーグラウンド 
        設置費用 : 約6億200万円
        所有機関  : 大東文化大学
        共同利用期間: 2019年9月1日〜
        共同利用機関: 十文字学園女子


    東京電機大学の所有する人工衛星地上局システム

関連リンク

会員校(50音順)

上へ戻る